2020年04月11日

頑張れ岩手、盛岡!

縁あって東京からここ白河に転居して早17年にもなる。この間9回も知事選、市長選、村長選、県議選、市議選と都合九回も供託金を没収されながらも選挙戦に出馬し続けて80歳を今迎えようとしている。その目的は当選目当てではなく、白河以北一山百文の汚名を何としても晴らさん為であったが、この志は消え去るどころか更にこれを成し遂げずに死んでなるものかの毎日である。これを後押ししてくれるのは、選挙戦の最初に出会った平成24年7月3日に行年百二歳で亡くなられた我が恩師石井浩然先生の御霊だろう。それと、ここ白河で共に過ごした愛馬メアリーを筆頭とした今は亡き愛犬、愛猫、そしてカラス、スズメ等々の生きとし生ける諸々。それは報われない東北魂と言っても過言ではない。東北大震災と言う大きな天災も経験した今、新コロナウイルス騒動は世界規模に膨らんだ更なる大天災。そんな中、びくともしない東北魂がある!それは岩手、盛岡だ。岩手、盛岡と言えば南部藩!私の恩師石井浩然先生のお父上は江戸初期よりここ栃木と白河の県境にある堺の明神前に南部屋と言う由緒ある旅籠の13代目当主。福島も随分とコロナ感染者が出たがここ白河は未だゼロ。
 もう選挙に出る年齢ではないが、最後の頑張りでここ白河と盛岡で最後まで感染者ゼロを成し遂げて世界に平和宣言を発したい。東京オリンピックが決まった1940年、それが戦争で取りやめになった。その年に生まれた私、これは偶然では無いだろう。そんな私が東京から白河に転居してきた。その福島から東京オリンピックの聖火が出発するという。それが今度はコロナ戦争で風前の灯火。
コロナに負けない東北魂此処にあり!と、これが私の新たな我が闘争だ。頑張れ!東北!

https://umainanakumachi.up.seesaa.net/image/E59BBDE69797E38292E68EB2E38192E381A6E38081-84e21-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2.jpg?1586551703981
posted by wh_meary at 05:48| 福島 ☁| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

愛子様ご卒業おめでとうございます。

更には学習院大学の日本語日本文学科ご入学おめでとうございます。学習院大学には素晴らしい学科があるんですね、この学科が有るから学習院大学を選択されたのでしょう、辛抱に辛抱を重ねての今がある愛子様のご成長ぶりに心よりお祝い申し上げます。勿論天皇皇后の溢れる愛の下で叶った希望に溢れる選択だったとご推察します。しかも、御卒業、ご入学という節目に新型コロナウイルス騒動が重なり大変な国難のこの時期子供たちをはじめ多くの国民が我慢を強いられている中、本当に明るいニュースになったと愛子様の持たれる宿命をも感じてしまいます。愛子様のこれからのご成長が、日本の子供たちに大きな希望、明るい未来に重なるでしょう。我慢と辛抱は似ているようで全く違います。日本語の素晴らしさを学べば良く分かる筈です。我慢は自分の意に反して強いられる、辛抱はまさに読んで字の如く辛い事ですが本意を遂げるための努力です。辛抱と言う
一本の棒を付け足せばまさに幸せとなるのです。実際に辛抱を重ねて来られた愛子様が学ばれる日本語日本文学、まばゆいばかりの希望、未来となって日本の、世界の子供たちの星になって欲しいですね。
posted by wh_meary at 05:58| 福島 ☁| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

久しぶりの書き込み

一身上の都合(市議選、県議選で大敗)で書く意欲を失いお休みしていましたが、九回もの選挙出馬は丁度良い区切りかと、何故なら九の次は十、即ちゼロ、振出しに戻れという事。しかし、年齢が年齢ですから選挙と言う過酷なレースは今後辞めて、文筆一本に絞ろうと思っていたところ、選挙ではずうっと共に戦ってきた相棒(愛犬サブロー)が令和2年1月6日の夜に亡くなって、失意の現状に居ますが、これも区切りなのかなと。
サブローは白河市長選に次ぐ選挙2回目となる泉崎村長選のさ中、選挙事務所としていた西郷村の黒森の牧場を出てのすぐの通りで、捨て犬だか迷い犬だか、私の車の下に潜り込んで出て来ないので、私が潜って引っ張り出し、抱き抱えて車に同乗して泉崎に向かった、それ以来十余年私の家に居候しているミニチュア・ダックスフンド犬です。言わば、全九回の内の8回の選挙を共に戦ってくれた戦友でもあります。
昨日、家の玄関先の野薔薇の咲く植え込みに埋葬しました。今朝は雪、5センチほど雪を被った墓に手を合わせ、新たな門出となる本格的な文筆業を見守ってくださいねと、手を合わせました。
posted by wh_meary at 10:17| 福島 🌁| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

70過ぎた年代で童謡の「花火」を知らない!

驚いたなもう!私はあの東北大震災以来8年強、新白河駅前のコミュニテイーセンターで高齢者サロンなる月一度の会合を一度の休み無しに開催して今日はその○○回目で、20人ほどの集まりですけど、殆どが70歳を超えていて私自身が79歳で丁度中ほど。恒例としている会の初めに歌う季節の歌、私は8月と言えばもが知っていると思う童謡「花火」を選んで黒板に「花火」の歌詞を書いた。
♪どんとなった花火だきれいだな、そらいっぱいにひろがった、しだれやなぎがひろがった♪
♪ドンとなったなんびゃく赤いほし、いちどにかわって青いほし、もいちどかわって金のほし♪
これを見ていた6歳私より年下のスタッフ(ばあちゃん)がクレーム「この歌知りません」と。もちろん孫と歌ったことも無いと。「な、何〜」ですよね。歌詞を知らないどころか、メロデイーも聞いた事がないんだそうで、それでも半数の人は黒板の歌詞を見ずに歌ってくれましたが、この差って不気味だよね。広島、長崎と戦争を知らない世代の平和宣言だが「日本、大丈夫なのか」と思う。こんな素晴らしい童謡を歴史から消して良いものなのだろうか?ちなみにこの歌は昭和16年に作られた歌。私が生まれた翌年だ、戦時色真っただ中、12月8日に真珠湾攻撃。
「戦時中に作られた歌だから」と、これも6歳年下のスタッフ(じいちゃん)の言。いずれも戦争を知らない70代。戦時中にこんな素晴らしい童謡を作った先人を誇りに思わないのか?殺伐とした事件が頻繁に起きている今。日本の誇りある歴史が泣いている、戦争を知る最後の世代と自負する私の憂国の思いは止まらない。8月15日がもうすぐだが、、、。
https://umainanakumachi.up.seesaa.net/image/E59BBDE69797E38292E68EB2E38192E381A6E38081-84e21-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2.jpg?1565690626414
posted by wh_meary at 19:01| 福島 ☁| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

天気の子

評判のアニメ映画「天気の子」昨日見てきたよ。同監督の「君の名は」を見ていないので比較評価はできないけど、ここ何十年もマンガ映画と言うか、大体がマンガ本も見ていないので「よくできているな〜」と感心して見ました。これだけ良くできるなら俳優なんていらなくなるなあ、それは紙の本が電子書籍に代わちゃうのかなあ、いやもう既に代わっている、そんな未来像が重なってちょっぴり不安も感じた。それとこの映画ハッピーエンドじゃないんだよね。東京が水浸しだし〜。
若者が未来を創って行くのは当然だろうけど、「それっておかしいよ」って言える大人が居なくなったんじゃないだろうか。参議院選の結果報道を見ていても、どんどん世の中おかしくなっていると感じるし、東京が水浸しになって、江戸時代は東京は海だったなんて、わかった風なセリフを高齢者に言わせるのも、未来に青空を期待して見た私には納得のいかない映画でした。

https://umainanakumachi.up.seesaa.net/image/E383A2E3838EE382AFE383ADE383BCE383A0E58FB7H26.12-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2.jpg?1563932403499
posted by wh_meary at 10:42| 福島 ☔| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする