2018年05月17日

放懐

何とはなく師と仰ぐ松村介石先生の本《放懐》(大正14年4月刊行)に目を通していたら、【水魚】と題した項にまさに歴史は繰り返すのそのままにこんな各々時に応じ、物に遇して、我懐を放ちたるまさにこれを《放懐》とした記事が目に止まった。概略記してみると、・・・斯くして米は真面目に二枚舌を吐き、露は狡猾に両面を装ひ、他列強も亦た皆虎狼たるを免れず、是れ我外廓の光景なり。然而して顧みて之を内に見んか。今や国家危急の際に當るも、いまだ国民に自覚なく、功臣は老いて得るを思ひ、志士は疲れて妥協を念じ、文武は私に争ふて公に殉せず、商工は己に局して國に及ばず、世に教えなく、人に道なく、頽波滔々として、将に土崩瓦解の状態に陥らんとす。我に聖人の資なくとも豈発奮の情なからんや。我に英雄の格なくとも、豈回らんの志なしとせんや。(注、らんは欄間の欄をサンズイにして、逆捲く大波の意)云々。
この後世界大戦に突入するんですが、また歴史は繰り返すのだろうか。核戦争となれば地球は終わりだ。それを一番よく解っているのが日本の筈なんだが、如何。若者に核武装すべきだと真面目に言う者あり、それも高学歴の若者達。憂国の思いは募るばかりの昨今です。
61qpBxtULRL__SX341_BO12C2042C2032C200_-thumbnail2[1].jpg
posted by wh_meary at 22:34| 福島 ☁| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: