2018年11月04日

福島県知事選回顧その1

 昨日、磐梯町慧日寺に詣で、帰途磐梯町駅近くの某家(告示日に必勝祈願のため慧日寺を参拝した折、駅近くで慧日寺への道筋を聞いたところ、とても歩いて行くのは大変だと言って軽トラックに歩行補助に手押しで歩いていたわんわんカーを荷台に載せて往復案内してくれた)に寄り、ご本人不在でしたが同居されている姉(妹?)夫婦が丁度戻られ、お礼の御挨拶をさせて貰った。これで、今回の知事選の顛末の全てを事後整理を含めて総てを終えた事とし、その整理に重ねて回顧録を順不同に書き綴り、これを元に、書き綴ってきたシリーズ本「赤い靴はいてた女の子」の完結編として出版しようかと思っている。

 そもそもの県知事選出馬の動機が戊辰の役150年の節目に当たっての総括とも言える様々な行事への「そうじゃねえだろう」みたいな不信感が根底にあった。戦った当の会津藩の城主松平容保が私が生まれ育った東京、それも40年近く住み慣れた目黒で亡くなったと知らされた(司馬遼太郎の王城の護衛者等)事による。これを当の会津若松の諸施設に確認したところ、それは間違いで小石川ですと一応に答えた事の不信感が、総ての行事への不信感へと高まり、俗化した、劣化した、会津に限らない福島県民への警鐘とも言える、恐らく立候補者が有権者に向かってお願いするのではなく説教、言わば辻説法。大した能力も、実力も無い奴に説教された事への反感があるだろうの心配は勿論あったが、年齢が年齢である事と、先の大戦の総括と言う意味も含めて、それを語る事の出来る最後の世代という自負もあって、説教調を敢えて貫き通し、私自身、主張している事の正当性を充分に承知している事もあって、最下位と言う結果に何の悲壮感が起きることは全く無く、僅かに白河で最下位を免れた事が逆に、白河での再起という一点の光明がはっきりと見える事になった。何の遠慮もいらない、白河こそが東北の都であるべきだと。

 容保が執拗に戦った誉は次のように総括できるだろう。そもそも民の財を悉く略奪し、非情な殺戮を繰り返した西軍は天皇の名を借りた全くの賊軍であり、許すことの出来ない「君側の奸」そのもので、これとの戦いはまさに正義の戦い、容保公としては最後まで戦う強い意志を持っていた筈である。しかし、越後口総督の仁和寺宮が錦の御旗(偽物?)を掲げて越後街道を高寺まで押し寄せて来た事を米沢藩から知らされ、勤王の藩である会津藩は米沢藩の斡旋を受けて、天皇の軍に抵抗する事を本意とせず、潔く矛を収め降伏開城を決意した。この事の経緯に何等矛盾は無くお見事と言わざるを得ない。
 なのにである、150年もの長きに亘って朝敵、国賊呼ばわりされるのを許し続けている現状を憂えているのは私だけなのだろうか?この150年の節目が最後のチャンスと決起を促すも反応はまるで感ぜず、説教じみた私の演説には反感すら感じたのだろうか結果は最下位!でも白河では僅かではあるが最下位とならなかった事が私にとっては光明。ここは、遠慮なしに白河こそが「東北の都」と、改めて戦意高揚させております。
 題して、甦れ!古代律令国家「白河」ですね。今回の選挙で、新幹線で新白河駅通過がどれだけ悔しかった事か!東北の玄関が馬鹿にされているよね。来年の市長選、出れれば公約の第一は、「通過阻止!必ず止めさせます!」でしょうね。白河を東北の第一の都にします!

E383A2E3838EE382AFE383ADE383BCE383A0E58FB7H26.12-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpg



posted by wh_meary at 05:28| 福島 ☀| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: