2017年10月11日

瓢箪から駒、3極の争いなら判りやすい。

小池女史の暴言とも言える発言やら、玄葉氏の議員の生活が掛かっている発言が政治家としてどうなのよとネット上で大問題となる等、でもそれって選挙民の程度問題でもあるんじゃないかな。それぞれが選ばれての議員なのだから。選んだ側にも大きな責任があると言う事。
しかし、ここで、安倍も小池も無傷で、玄葉だけが落選なんて事になると、弱い者虐めの典型。政治の程度内容よりも数の多さだけが跋扈した安倍独裁政治、自民党政治に同じだ。とは言え、収穫は瓢箪から駒のように飛び出した民進党の分裂は大きな成果。選挙民にとっても3極の争いは判りやすい。そこで玄葉騒動で異変が起きたのか、昨日の選挙初日、白河とお隣の西郷村の選挙区が分裂した事も重なったからか、一台も選挙カーの声を聞くことがありませんでした。不気味な選挙初日の静かな静かな白河市でしたよ。
今回の選挙が結果はどうであれ、選挙民の質が問われる今までにない、未来の日本を象徴する選挙になるのではないかと思っています。東北、白河から新しい政治の風が起きて欲しいとも。
ここ福島3区でも民進党叩き、玄葉叩きが自民かぶれのネット上で行われている。玄葉の失言チョンボとか、議員失格とか、言い放題だ。玄葉氏『お前らに言われたくない』と言いたいところでしょうが、じっと我慢で戦うのが良い。喧嘩両成敗では数の差で落選だ。希望にすり寄ったのは頂けないが、残るは共産と自民。安倍一強を倒すには玄葉氏に当選してもらわねばで、私は援護射撃。
先ずは、ネット上で叩かれたその第一は何の委員会か分からないが安倍首相の答弁中だかで野党のヤジに安倍首相がうるさいから止めて欲しい発言を繰り返したのに、委員長である玄葉氏が野次る野党席を注意せず首相に向かって発言を続けるよう促した一件だ。動画で見る限り野次はほとんど聞こえず、怒る安倍首相のクドクドだらだら文句はよ〜く聞こえて、答弁になってね〜。しっかり答弁しろ〜と、委員長でなくても言いたくなる。そもそもが、野党の発言にひな壇から野次を飛ばし続けた本人が言う事じゃあんまい。それと、次に非難された民進党の議員が希望の党に合流に当たって、民進党の議員にとっては生活が掛かっている発言。これが何故非難されるのかが幼稚な限りだ。褒められこそすれ、非難されるとはね。昔は、議員になると井戸と塀が残るだけと言われるほどのめり込んだ議員活動。今の自民の議員は生活の主体ではなく余技でやっているんですか。まあゲーム感覚なんでしょうね。国民の税金で!小池女史のリセット発言に、それがよく表れている。生活の掛かった民進党議員をゲーム感覚で選別された玄葉氏、共産は兎も角、じゃりン子自民に負けんなよ!
比例は立派に戦った立憲民主党に明日期日前投票で入れます。ただ心配は、未だに私の所へ投票用紙来てないんだよね。選別されたのかな?
P1000021.JPG
posted by wh_meary at 20:55| 福島 ☁| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

傲慢小池氏の民進党員の選別、暴言は許せない。

政治的な発言は、宗教もそうだが多くの人相手のこの場には相応しくないとは自覚しているものの、先の大戦を体験している数少ない年代を代表してと言っても良いだろうと、ここは何としても第三次大戦だけは日本が先頭に立って回避させるべくと願ってのヒトリゴト。そんな立場から見て、対話より圧力だと声高に言い続けての解散劇、ここで国民が安倍総理続投の選択をしたら、一気に今までの平和日本の世界的な評価は一転してアメリカに同じ好戦国と世界に見なされ、今までの平和憲法は何だったんだと笑われてしまうだろうと。そして、喜ぶのは中国であり、ロシアで、尖閣も北方領土も、話し合いは不必要と力でねじ伏せて終わりとなるだろう。
そんな事で、女性総理で平和日本なんて希望を述べてしまったが、民進党の無条件合流を否とする小池氏の傲慢を許せば、今回の選挙は傲慢不遜な二人の人気投票になり兼ねない。小池氏には猛省を希望する。日本文化を守る二大政党になって欲しいから。日本文化の心髄には《和を以て貴しとなす》がある。力での独裁はいらない。民進党の前原代表の《名を捨て実を取る》の捨て身の譲歩に、「丸ごと全員公認という気持ちはさらさら無い」の小池氏の言いようは、非情と言うより、傲慢そのもの、安倍総理の演説で野次を飛ばす聴衆に「こんな人達に負けるわけにはいかない!」と言い放った暴言に同じで、失言と言うよりは本性?
氏の撤回、猛省無ければ、連合の支援は無いだろう。よって、選挙の勝利も無いと。
赤い靴はいてた女の子・紐育編.png
posted by wh_meary at 21:19| 福島 ☔| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

世界平和は女性の力で成る!その先陣を行け!

大義無き解散などと野党が騒ぎ立てているが、安倍首相の今回の解散劇は自ら墓穴を掘る解散結果となるのではないかと、私は大歓迎です。私は画像にあるように自費出版で≪赤い靴はいてた女の子≫という本を自費出版していて、来年の震災記念日となる3月11日に最終編としてコオノトリの郷≪白河編≫を出版予定していて現在、文芸社で編集校正の最中だ。このシリーズで一貫して書いているのは女性による平和の世界の構築だ。前編≪紐育編≫ではヒラリークリントン大統領の誕生を大歓迎する内容としたが、残念ながらとんでもない大統領が誕生して、世界は一層不穏な空気に覆われてしまった。
ここに至っては日本に女性首相誕生を願うのは、世界平和を願う私にとっての最高の結論。ひいては白河市に女性市長を誕生させたいとも目論んでいる。
当初は女性首相に野田聖子を期待したが暴力団の夫のスキャンダルは致命的で、改憲派と言われる部分に不満はあるが、一方の小池百合子の公約、反原発、消費税上げ反対は大歓迎。都知事を潔く辞任して、首相の座を目指して戦って欲しい。中途半端な戦いは、自滅となる。二度とないこのチャンスを実らせてこそ、世界の平和が見えてくると願っている。
ドイツのメルケル、英国のメイ、そしてヒラリークリントンを期待したが、代役で小池百合子。日本にとっては願っても無い棚から牡丹餅だろう。今日の会見で都知事辞任を再三否定していたが、二足のわらじは戴けない。総理になったからと言って東京オリンピックにマイナスは無く、勿論都政にマイナスがある訳も無い。そんな御託を並べての非難は甲斐性のない男どもの僻み、やっかみ、嫉妬。この期に及んで見苦しい。
彼女の才能に素直に脱帽すべきだ。これが成れば、世界平和の道筋が見えてくる。彼女は正に希望の星、救世主になるだろう。こんなチャンスは二度とないのではないかと思う。ここは当然に日本国民の度量が問われている。選択権は飽く迄国民の手の内にあるのだから。
赤い靴はいてた女の子・紐育編.png
posted by wh_meary at 16:35| 福島 ☁| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

今こそ!東北白河から平和都市宣言


9月9日に何が起きるのか?随分と世界がきな臭くなってきたと思わざるを得ない昨今の世界の動き。きな臭いの《きな》は布、紙、綿など植物性のものが焦げる臭いと語源的にはのんびりした風だが、被爆国日本にとっては、正に硝煙の臭い。語り部としての多くの戦争体験者が次々と亡くなってゆく中、私だって少しは戦争体験を語る資格はあるだろう77歳の爺さんだ。被爆した長崎港に中国から5歳の時に引き上げてきて、父親が華中鉄道の軍属だったことも有って1ヶ月ほど家族が被爆地長崎に長逗留、今思えば除染なんて考えもなかった戦後のどさくさの中、その5年後父親はあの食糧難の時代に贅沢病と言われた腎臓病(長崎に落とされた水爆は腎臓を冒す)を発症し2年の闘病も叶わず41歳の若さで他界。母親をはじめ、私を含めた家族5人も次々に病に伏し、私自身は高校を卒業するのに6年を要した。だからといって被爆手帳があるわけではない。
核の恐ろしさは、直接の被爆だけではないのだ。長い年月にわたっての発病の苦しみがある。どんな非核原則の世界条約が有ろうとも戦争となれば必ず核戦争となるだろう。その怖さを体験した先人が創った平和憲法を擁する日本だからこそできる、平和運動がそこにある。その平和憲法改正を第一に掲げる戦争を知らない政治家連中が同じ過ちを犯しかねないと、命ある限り、ここ白河から、頑なに平和都市宣言をし続けたい。
そのために私が出来る事は何でもしたい。前宣伝になるが、現在シリーズとしている「赤い靴はいた女の子」の第三作、これが最後になるだろうと、国際平和都市《白河編》を書き上げて校正中だ。来年3月に刊行を予定している。

赤い靴はいてた女の子・紐育編.png


posted by wh_meary at 05:52| 福島 ☁| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

子供たちの平和宣言

2017年8月6日広島原爆忌 子供達の宣言
『原子爆弾が投下される前の広島には、美しい自然がありました。大好きな人の優しい笑顔、温もりがありました。一緒に創るはずだった未来がありました。広島には、当たり前の日常があったのです。』
で始まった小学6年生男女の平和宣言に深く感動しました。締めくくりに、『広島の子供の私たちが勇気を出し、心と心をつなぐ架け橋を築いていきます。』と強い決意を述べています。
未来に向かって生きる子供たちに、戦争を伝え、平和の価値を気づいてもらうために私はペンを取っています。そんな気持ちを代弁する素敵な歌があります。
作詞:松山善三/作曲:佐藤 勝 一本の鉛筆 美空ひばりさんの歌で広く知られた歌ですね。

1、 あなたに 聞いてもらいたい
     あなたに 読んでもらいたい
     あなたに 歌ってもらいたい
     あなたに 信じてもらいたい
     一本の鉛筆があれば
     私は あなたへの愛を書く
     一本の鉛筆があれば
     戦争はいやだと 私は書く

2、 あなたに 愛をおくりたい
     あなたに 夢をおくりたい
     あなたに 春をおくりたい
     あなたに 世界をおくりたい
     一枚のザラ紙があれば
     私は子供が欲しいと書く
     一枚のザラ紙があれば
     あなたを返してと 私は書く

     一本の鉛筆があれば
     八月六日の朝と書く
     一本の鉛筆があれば
     人間のいのちと 私は書く
赤い靴はいてた女の子・紐育編.png
 
posted by wh_meary at 11:23| 福島 ☀| Comment(0) |  黒森便り〈ブログ版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。